2013/10/25

個人事業主は『Google カレンダー』で営業予定を公開したらいいと思うよ

今はほとんどスマートフォン持ってるでしょ。
しかもAndroidは必ず『Gmail アカウント』を取得しないといけない。
iPhoneの人も、昔はGoogleのサービスと同期するようになっていたので
(今はどうか知りませんが)、Googleのサービスを使うと便利だと思います。

Google カレンダー』はWeb上でスケジュールの管理や共有ができるサービスです。
友人たちと共有するだけでなく、スマートフォンアプリなどと同期することもできます。

Google カレンダー』を使うようにすれば、スケジュール管理が簡単になります。
Googleの無料のオンライン『Google カレンダー』を使うと、予定を一か所で管理できます。
パソコンからでも携帯端末やタブレットでも同期でき、外出先でも確認できます。

共有設定ができるので、他の人に自分の『Google カレンダー』を見てもらったり、
他の人が共有してくれた『Google カレンダー』を見たりできます。

Google カレンダー』の共有をすることにより、営業予定を一般公開することできますよ。
ホームページやTwitterやFacebookで告知するとともに、営業予定を一般公開していれば、
Google カレンダー』を取り込んでもらうことによって、確認してもらうことができます。

ただ、すでに個人的な予定で使っているとしたら、営業用のカレンダーを別につくったほうが
いいでしょう。

マイカレンダーの横「▼」をクリック。
「新しいカレンダーを作成」をクリック。








カレンダーの情報を編集
カレンダー名を入力(ショップ名などを入力)。
カレンダーの説明を入力。
場所も入れておくといいかもしれません。

一般公開にするにチェックを入れると
だれでも見られるようになります。

詳細を表示するかしないかでチェックを
入れるか入れないか(の箇所)決める。

最後に上部のカレンダーを作成をクリック。
部分)



これで、営業用のカレンダーができたので、
営業日や営業時間を営業用のカレンダーに入力することによって一般に公開されます。

一般公開したカレンダーのアドレスの取得方法は
ページ左側のカレンダーリストで、該当するカレンダーの横にある「▼」をクリックし、
「カレンダー設定」 を選択します。
「カレンダーのアドレス」という項目で、「XML」または「HTML」ボタンをクリックします。
ポップアップ ウィンドウが開き、カレンダーの一般公開URLが表示されます。
このURLをお知らせすれば、『Google カレンダー』情報にアクセスできます。
Google カレンダー』使ってる人なら、自分の『Google カレンダー』に取り込むことも可能です。

また、カレンダーをウェブサイトに埋め込むこともできます。

こんな風に『Google カレンダー』は、複数のカレンダーを作って、
まとめて表示・編集することが簡単です。
カレンダーごとに通知の設定や共有(他の人にカレンダーを見せる)の設定を変更できます。

通知が必要な重要スケジュール用とそうでないスケジュール用、
自分だけが見ればいいプライベート用と同僚と共有する必要がある仕事用、
家族用や恋人用など、重要度や相手別に複数のカレンダーを作って、使い分けれます。

Google カレンダー』にはリマインダーという便利な機能があるので、
メールで通知を受け取ることも、携帯電話に直接テキスト メッセージを受け取ることもできます。

イベントがあるとき、他の人を招待することもできます。
Google カレンダー』で出欠の返事をもらうことができます。

Google カレンダー』便利に使ってみてください!!

0 件のコメント:

コメントを投稿